2013年1月生まれのミニチュアシュナウザーのドタバタ成長記










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ぽちっとな」が励みです♪
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【連載】ワンコだって「歯は命」【第3回】

もう鈍足過ぎて、かぁたん自身もとっ散らかってきた連載ですが、
なんとか3回目になりました〜

ファイル 2016-02-03 0 54 52
かぁたんもこんな調子で何にも進まないんでシュナ。
あ!ココだけの話でシュからね!!


なんだかまたもやエラく長く長ぁ〜くなってしまったので、ご注意ください。
途中で飽きたらスルーして…もいい…よ

第3回「そ…そんなバカな………」

色々あって歯が欠けて【第1回】、色々説明して貰って全身麻酔で直すことにし【第2回】
とうとう術日当日。

シュミットは全身麻酔での処置のために、前夜から絶食。
「お水はOK。朝も与えていいですよ。少し飲んでくれた方がいいかもしれません」と言われていたのですが、
すっかり普通の水を飲まなくなったワガママ坊ちゃま。
どれだけ勧めようともペロリともしないまま、
朝は9時半までに病院に着くように言われておりましたので、8時過ぎに出発いたしました。

無事に9時過ぎに到着。
術前の診察なので早く呼ばれるのかと思いきや、そのまま1時間近く待って、

1・欠けた部分の確認(… 位置、欠け具合=上左第1後臼歯、歯髄の露出無し)
2・手術の確認   (… 全身麻酔、留置針による点滴、歯のレントゲン撮影、歯石取り、患部の補修、クリーニング)
3・お迎え時間は18時ぐらい
4・レントゲン・歯石取りで全歯確認し、他に何かあったりした場合は電話連絡
…と説明を受け、シュミットはそのままお預け。

普段は診察台で歩いたりしないのですが、このときは台の上をぐるぐるウロウロ。
完全に「こりゃ何かあるでシュナとわかっていたように思います。
担当医も「うーん。バレてますね。前回と違って挙動不審ですねww」と笑ってました

難しい処置じゃないし、健康なので、無用な心配はするまい!と心は決まっていたので、
後ろ髪振り切って、診察室を後にしました。
術中、帰宅することも考えましたが、近場にあるショッピングモールで時間を潰すことに。

今更ですが、このときは11月中半。
新しい「シュミ日記」を決めよう!と比較的不安にもならず買い物へ!

しかしワタシの「補修するだけなんだから、やればスッキリじゃん!」という楽天的な気持ちは、
好きな文房具漁りのまっただ中、尻ポケットでスマホがブルったことで、嫌な予感に取って代わったのです。

ブルブル…ブルブル…

この振動はメールやLINEじゃなく通話だ…

今、昼か…と思いながら携帯を見ると、未登録なのに見たことある番号…

びょ…びょういんから電話きちゃったよぉぉぉ

大慌てで出ると案の定「只今、術中なのですが…」だって〜!?

うおぉ!いったいいったい!? 焦りすぎて話が聞こえなくなりそうダヨ
落ち着け!落ち着くんだワタシ!!

「シュミット君ですが、今クリーニングして歯を確認しておりまして、
 やはり欠けた歯は歯髄の露出もなく、補修にも問題無さそうです」


お。なんだ。良かった〜 あれ?なんで電話なの?

「実は他に問題が見つかって…」

えええぇぇ!? 問題ぃぃぃ!?

「一番奥の歯とその手前の歯が緩くなっていまして。これは歯周病初期の疑いもあります。
 それに前歯も少し緩んでいます。こちらはまだ歯周病の範囲ではないと思われます。
 ただ前歯はレントゲンで歯槽骨の後退が見受けられます。緩いのはそのせいではないかと。
 こちらについては術後に詳しくご説明します。
 今回お電話したのは、最初に説明しました奥歯の件についてです。
 かなり緩んでいますし、歯周病の疑いもありますので、抜歯された方が良いのですが…」


はいぃぃぃ!?

「え?抜歯…ですか…」ワタシの発言は、やっとここでこれをひと言が精一杯。

「驚かれるのも無理はないです。私も正直に、驚きました。
 まだ3歳前で若いですし、欠けた歯も含め、歯石も汚れも少なくキレイですから。
 かなり意外でした。診察で診せて頂いた時は何の問題も無さそうだったんですが。
 どうしましょうか?」


「え…っと。どうしましょうかって、ここで、今、決めなきゃダメなんですよね?
 でも抜いちゃうんですよね??」


「そうですね。飼い主さんとしては予定外の抜歯はショックですよね。
 今回の歯は最奥の歯が2本で、これは非常に小さな歯です。
 生きていく上で、ほとんど使われることはありません。
 もう1本は奥から2番目の歯です。こちらは最奥より少し大きな歯になりますが、
 やはり抜いてもワンちゃん自身は困らないもので、外からすぐわかるような位置でもありませんので
 見た目も損なうことはありません。
 奥歯は歯磨きも難しく、歯周病にもなりやすいですし、
 今回は疑わしい状態であることから、今後の口内トラブルの温床にしないためにも、
 抜いてしまうことを推奨します。
 とはいえ、突然のことで戸惑われるのはよくわかります。」


「そうですね……。何事もなく終わると思い込んでいたので、ちょっとショックがあります。
 でも今決めなくてはいけなくて、生活上必要なくて、歯周病が怪しいとなったら、
 抜歯……う、うーーーーん……」


どーしてこんなことに〜…… と、にっちもさっちも決断できない私に担当医も困ってたと思います。

「まぁ…そうですねぇ……。今回抜かないという選択もできなくはないですが、
 そうなるといずれまたいつか、全身麻酔で抜かなければならない日が来ると思います。
 すでに緩んでいる歯なので、放って置いても良いことにはならないと思います。
 とはいえ、飼い主さんのお気持ちもね、大切ですから。」


先生、お待たせしてゴメンよぅ。決断……するよ。するする。うんうん。えーとね。えーと………

「はい。わかりました。そうですね。抜いても困らないのであれば。
 既にあまりよくない状態だとのことですもんね。
 ショックですが、今後のために必要なんですもんね。」
とモニョモニョ言いながらかぁたん決意を固め始めたよ!

そこで先生はすかさず私の決心を後押し!
「そうですね。見た目も損ないませんし、機能性にも問題ありません。
 折角クリーニングもしますから、悪い芽は摘んでおいたほうが後々の為にもなると思います。」


「では、抜いちゃってください。」
それはそれはこのときの私には勇気の要る決断でした。

「では、3本抜歯ということで。飼い主さんも突然のことでショックだったと思うんですが…」
なんか色々励ましてくれて、今後の為に良いとか、これで心配が減るとか、
あと決断ありがとうございますとか、抜歯になる歯の位置とか説明してくれたと思うんだけど、
もう頭イッパイで右から左へ抜けてっちゃったヨorz... 

なんだかボーゼンとしながら抜歯の承諾をして、18時〜18時半ぐらいでお迎えと言われて電話を切りました。


はぁぁ…
もう溜息つきまくり。またもや後悔先に立たずです。
キレイにしていたつもりの歯は、歯周病の疑いで緩んでグラつきが出ていて、抜歯に…

あ。とぉたんにメール。とぉたんもやっぱり抜歯に驚いてて、抵抗があったみたいでした。
でもかぁたん、もうOKしちゃったし。
私だって正直なところ、歯がグラグラなんて嘘なんじゃね?とか思ったりもしたよ。
でもさー、確かめようがないじゃん。抜かずに悪いことになったら後悔するじゃん。
抜いても悪いことにならないって言われたらさぁ。もう仕方ないよ。とかぁたんが言えば、
とぉたんも、そりゃそうだねって…まぁ言うしかなくなっちゃうよね

というわけで、お昼すぎぐらいに衝撃の電話で意気消沈したかぁたんなのでした。

もうね、このときは
ワタシ、泣かなくてエライ!とか思ってたぐらい凹んでました。

まぁ、命に関わらないんだから、泣くほどのこたぁないだろ〜!ってすぐ思い直しました

長くなりすぎたので今回はここまで!

次回は術後のおはなし。
前歯についてもお話します。


今は、かぁたんも、ボクだって元気でシュので、
心配しないでくださいでシュナ〜!

DSC_0086_20160203003254c97.jpg


「ぽちっとな」が励みです♪
[ 2016/02/03 00:59 ] 健康 | TB(0) | CM(4)

そうだったのかぁ

この間ね、銀次郎を新しくオープンしたクリニックのドッグドックに連れていったんだけど、そこの先生がシュミくん先生の歯科学会に属している先生で、やっぱり歯科専門。で、シュミくんのことをお話したら、僕も同じ判断しますね、とおっしゃっていましたよ。人間みたいに、だまって口をあんぐり開けて待っていられるわけではないから治療には全マが必要だし、人間みたいに食べ物を咀嚼するわけでもないから、ついているだけで必要のない歯が犬にはいっぱいある、とのお話でした。シュミくんも大変だった....かぁたんも大変だったよね。><;よく、よく決断できたよ...ウン。
[ 2016/02/03 07:28 ] [ 編集 ]

銀かかちゃんさん

実はこんなことになっていたシュミットです(ToT)

シュミットのこと聞いて下さり、ありがとうございます。

他の医師も同じ見解だと知ることができ、とても安心しました。

やはり、掛かってきた電話でその場で決断するのはかなり不安でした。

なかなかに、頑張ったつもりの私とシュミットなのですが、
実はまだ続きがあり、更に先日も新たなる続きが増えてしまいまして…

この歯の連載、いつ終われるのか全くわかりません!Σ( ̄□ ̄;)

加減の効かないワンコの力、
「安全」の加減がまだ掴めない我が家です( ´△`)
[ 2016/02/03 22:07 ] [ 編集 ]

ご無沙汰してます!
大変だったんだね~
電話で抜くかどうか決めるって…私も呆然だと思う。

歯周病は怖いですからね。
ひどくなる前に対処してよかったのかもしれない。
シュミママの決断は、間違ってなかったと思う。

それにしても、続きがあるって・・・。
ドキドキヒヤヒヤしながら待ってます(汗)
[ 2016/02/04 20:14 ] [ 編集 ]

大地&空河ママさん

こちらこそご無沙汰してます~。

ありがとうございます!
やっぱり、周囲の方に賛同頂けると、ホッとします:+.゚(*´□`*)゚.+:

一人で相談する相手もなく、調べる術もないままに決めるのは心細く、店で柱に向かってうつ向いて電話していたので、今思えば相当不審だったかと~ε-(;ーωーA フゥ…

雑だったとはいえ歯磨きはしていたのに、とか、やっぱり雑じゃダメだったのか、とか、
もぅぐるぐる巡って、
でも途方に暮れる猶予もなくて、ちゃぶ台があったらひっくり返したかったです(笑)

「何も気付かない = 何もない」ではないのだと、思い知らされました。


我が家のお口ネタ、まだ終わる気配がありませんが、チョロチョロ書き続けますのでヨロシクお願いします~(;´∀`)
[ 2016/02/04 22:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://schmitt323.blog.fc2.com/tb.php/361-77d04ff3












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。